改訂履歴


ΩHistoryIcon




Rev.1.29版 (2018.8.9)

仕様改良

  • 書類情報パネルに SJISエンコーディングに変換したときのバイト数「SJISバイト数」を表示するようにした。
  • 書類比較の左右の書類選択メニューに書類の修正日付も表示するようにした。
  • 書類比較を行うAppleScript "compare" をサポートした。
  • マルチファイル検索終了時はプログレスパネルが最前面になるようにした。
  • 環境設定「検索」で検索結果の表示フォントも変更できるようにした。
  • タブ幅設定パネルのOKボタンのショートカットにリターンキーを指定した。
  • 検索パネルの「次を検索」/「すべてを検索」のReturnキーのバインドをスコープに応じて切り替えるようにした。
  • 検索結果リストでファイルをダブルクリックして開いたときの挙動を改善した。
  • Jedit Ωで書類を開くターミナルコマンド OpenJeditOmega をライブラリに追加した。
  • Jedit Ωで書類を比較するターミナルコマンド DiffJeditOmega をライブラリに追加した。
  • Jedit Ωで開いている最前面の2書類を比較するスクリプトをライブラリに追加した。
  • 比較したい2つの書類ファイルをドロップするとJedit Ωが起動して比較するドロップレットをライブラリに追加した。

バグ修正

  • macOS10.10 でオープンダイアログが表示されないバグを修正した。
  • macOS10.12 以降でメニュー「前のタブを選択/次のタブを選択」にショートカットを割り当てられないバグを修正した。
  • システム環境設定Dockで「常にタブで開く」のとき、新規タブを実行するとウィンドウがカスケードして(右下にずれて)しまうバグを修正した。

Rev.1.28版 (2018.7.28)

仕様改良

  • アップデートの仕組みを改良した。次回の改定からはより簡単にアップデートできるようにした。
  • タブインデント⇄スペースインデント変換の挙動を改善した。
  • 「すべてを検索」ではヒットした部分を選択して終わるようにした。。
  • 選択域の置換で結果の選択領域をただしく表示するようにした。
  • ボックス選択領域について「すべてを置換」をサポートした。
  • ボックス選択領域に対する「すべてを検索」をサポートした。
  • 括弧をダブルクリックしたとき「対応する括弧」を実行するようにした。
  • ソートパネルで「言語」をオン・オフできるようにした。オフにすると文字コード順のソートになる。
  • 検索ダイアログで前回アプリケーション終了時の位置を正しく復元されるようにした。
  • 環境設定「一般>表示」で行番号表示の文字サイズの大小を指定できるようにした。

バグ修正

  • ウインドウサイズが保存されないバグを修正した。
  • UTF16のときBOMが重複して書き込まれてしまうバグを修正した。
  • 環境設定「一般>編集」でリッチテキストだけに限定する項目の表示に誤りがあったのを修正した。
  • メールログ(.eml)の読み込みの失敗するという不具合を解消した。
  • macOS10.13で数行の書類が印刷できないときがあるというバグを修正した。
  • ツール「隣接する重複行を削除」で領域選択していないときの動作のバグを修正した。

Rev.1.27版 (2018.5.31)

仕様改良

  • ファイルをオープンするときのエンコーディング判定を見直し改良した。
  • ファイルの再読み込みでどんなエンコーディングでも強制変換してプレビューできるようにした。
  • 環境設定「開く」にオプション「複数ファイルを同時に開くときはタブに展開する」を追加した。
  • 環境設定「開く」でhtm/rtfのオプションを変更したときに確認メッセージを表示するようにした。
  • ヘルプファイルの存在を確認し失われているときは再度生成するようにした。

バグ修正

  • ツールメニュー「強制改行/プレフィックスの除去」でクラッシュするバグを修正した。
  • エンコーディング変換で入力データの末尾がマルチバイトの前半で後半が欠けているときも開けるようにした。
  • 印刷オプション「行をページに合わせて折り返す」が正しく動作していないのを修正した。
  • 韓国語インプッドメソッドを利用したときの不具合を解消した。

Rev.1.26版 (2018.5.15)

バグ修正

  • Rev.1.25の正規表現検索のバグを修正した。

Rev.1.25版 (2018.5.9)

仕様改良

  • Windows DOS などのエンコーディング判定を改良した。
  • メニュー「書き出し...」で「選択部分を書き出す」の状態を保存するようにした。
  • オープンダイアログのアクセサリービューの表示状態を保存するようにした。
  • cmd+F で検索パネルを表示したときは常に検索フィールドを選択するようにした。
  • 「ウインドウ幅に追随」のときはより小さいウィンドウ幅を設定できるようにした。

バグ修正

  • 正規表現で先読みや戻り読みがあると置換が正しく行われないバグを修正した。
  • Documentアイコンの指定を修正した。

Rev.1.24版 (2018.4.4)

仕様改良

  • 検索周りの環境設定を環境設定「検索」にまとめた。
  • Dockメニュー「新規書類」からいろいろな書類タイプを開けるようにした。。
  • リンクシートでURLのドロップに加えてペーストでもリンクを追加/修正できるようにした。
  • ブックマークへジャンプした時ビープ音が鳴らないようにした。
  • 環境設定「ショートカット」でcmd+Wが入力されたときはパネルを閉じるようにした。
  • ヘルプマニュアルを更新した。

バグ修正

  • ツールバー検索項目と検索パネルの文字列同期にまだ不具合があったのを修正した。
  • macOS 10.10の印刷パネルで、JeditΩの印刷オプションが表示されないバグを修正した。
  • 2番目以降のタブを開いた時タブウィンドウのサイズが変わってしまうというバグを修正した。
  • 検索パネルのスコープを変更したときに検索ボタンのアクティベートが正しく行われないバグを修正した。

Rev.1.23版 (2018.3.21)

仕様改良

  • ツールバー項目に「検索フィールド」を追加した。

バグ修正

  • ツールバー付きのウィンドウのサイズを正しく復元できないというバグを修正しました。

Rev.1.22版 (2018.3.17)

仕様改良

  • macOS 10.12以上でツールバーを実装した。エンコーディング、改行タイプ、BOM有無、スマートインデックスなどの項目をサポートした。
  • メニュー「編集>内容を選択」で全角カギ括弧[]にも対応した。
  • ウインドウ左端へ横スクロールしたときにの挙動を改良した。

バグ修正

  • マルチファイル置換でプレーンテキストのブックマークが失われないようにした。

Rev.1.21版 (2018.3.8)

仕様改良

  • メニュー「ヘルプ>よくある質問」をサポートした。
  • rtfd書類のJeditΩ拡張属性の保存方式を改良した。
  • メニュー「編集」に「内容を選択」を追加した。括弧または引用符で囲まれた領域を選択する。
  • メニュー「書式>パラグラフ>タブ幅」で「既存のインデントも変更する」かどうか指定できるようにした。
  • 環境設定キーバインドに「上の行と行を入れ替え」「下の行と行を入れ替え」をサポートした。
  • 環境設定「書類タイプ」の出荷時設定を一部(タブキーの動作、行の折り返し、不可視文字の表示、行末禁則処理)変更した。
  • 環境設定「一般>表示」に検索後のウインドウ選択オプションを追加した。
  • 環境設定「エンコーディング」に ¥、バックスラッシュ、チルダなどの変換オプションをサポートした。
  • 環境設定「キーバインド」に「ATOK確定取消し」を追加した。
  • 検索で見つからなかったときはシステムの通知音で知らせるようにした。
  • 検索と置換のパターンポップアップメニューからΩの正規表現ではサポートしていない項目を削除した。
  • マルチファイル検索/置換の読み込みでエンコーディング判定ができなかったときはダイアログを表示しマニュアルでエンコーディングを指定できるようにした。
  • シンタックスカラーリングされた内容をコピーしたときプレーンテキストとしてコピーするようにした。
  • バックグラウンドのときも情報パネルを表示するようにした。
  • アップルスクリプト convert character を実行してもメニュー「ツール>半角・全角変換」の設定は変わらないようにした。
  • ヘルプウィンドウの挙動を改良した。
  • ヘルプマニュアルを更新した。
  • shortcutHelp を差し替えた。

バグ修正

  • メニュー「ツール>強制改行による桁揃えの設定」で「文字数」で指定したとき正しく動作しないバグを修正した。
  • マルチファイル検索の対象/除外テーブルの項目をダブルクリックしたときのバグを修正した。
  • ページ表示のリッチテキストでルーラータブをドラッグできないというバグを修正した。
  • 用紙の縦置き/横置きが正しく保存・復元されないバグを修正した。
  • テーブルで行番号表示が重なって表示されないようにした。
  • 英語版のいくつかのスペルミスを修正した。

Rev.1.20版 (2018.2.8)

仕様改良

  • メニュー「書式>文字>デフォルトに戻す」でリンクもクリアするようにした。

バグ修正

  • 「マルチファイル複数一括置換」で二重に置換を行ってしまうバグを修正した。
  • 「すべて置換」で置換文字列が空のとき置換が正しく行われないバグを修正した。
  • 「すべて置換」で文頭の文字属性が変わってしまうバグを修正した。

Rev.1.19版 (2018.2.2)

仕様改良

  • 「全てを置換」「複数一括置換」をより高速に動作するようにした。
  • 環境設定「一般>編集」で「すべてを置換」のときに結果リストを表示するかどうかを指定できるようにした。
  • 「すべてを置換」で置換が1書類につき1000箇所を超えたときは結果リストには表示しないようにした。
  • 書類比較パネルの比較対象選択ポップアップメニューに現在開いている書類も比較対象として表示するようにした。
  • スクリプト do menu item "不可視文字を表示:すべて隠す" のように階層メニューも指定できるようにした。

バグ修正

  • 正規表現の置換で該当文字列の長さが0のときでも置換が動作するようにした。
  • 再読み込みシートを拡大縮小したときの不具合を解消した。
  • 環境設定「カラーリング」で「デフォルトにもどす」を実行したときにクラッシュするバグを修正した。

Rev.1.18版 (2018.1.16)

仕様改良

  • TouchBar 搭載機種で長大なファイルを開いたときのレスポンスを大幅に改善した。
  • Jedit Ω以外で作成されたファイルを開いたときのカスケードの挙動を改善した。

バグ修正

  • 「折り返し行の自動インデント」がオンのとき、開くだけで自動保存が発生してしまうバグを修正した。
  • 環境設定「ショートカット>ウィンドウ巡回」は10.12以前で表示しないようにした。

Rev.1.17版 (2018.1.2)

仕様改良

  • 読み込みでエンコーディングの自動判定に失敗したときは手動でエンコーディングを指定できるようにした。
  • pinch操作による拡大/縮小はできないようにした。

バグ修正

  • コンテクストメニューの"スタイルのコピー"等の項目が重複して表示されるバグを修正した。
  • 保存パネルでOpenDocumentの拡張子名のスペルミスを修正した。。

Rev.1.16版 (2017.12.16)

仕様改良

  • メニュー「すべてを検索」を「すべてを検索>最前面の書類」と「すべてを検索>選択部分」の2つにわけた。
  • メニュー「すべてを置換」を「すべてを置換>最前面の書類」と「すべてを置換>選択部分」の2つにわけた。
  • メニュー「選択部分を検索文字列に」を選択したとき検索パネルは開かないようにした。
  • キーコマンド"キャレットを1行上へ移動して1行スクロール"を環境設定「キーバインド」に追加した。
  • キーコマンド"キャレットを1行下へ移動して1行スクロール"を環境設定「キーバインド」に追加した。
  • キーコマンド"選択部分を可視領域の上部へ","選択部分を可視領域の下部へ"を環境設定「キーバインド」に追加した。
  • 半角全角変換パネルのパターンメニューからAppleScript用のflagパラメータを参照できるようにした。
  • 複数一括置換ペアファイルの読み込みでエンコーディングを自動判定して読み込むようにした。

バグ修正

  • 正規表現の複数行にわたる置換の不具合を修正した。
  • macOS10.13 で日本語よみ順ソートが正しく動作しないという不具合を修正した。
  • コンテクストメニューにスクリプトメニュー項目が重複して表示されてしまうバグを修正した。
  • About Panel のバージョン表示のスペルミスを修正した。

アップルスクリプト

  • 半角全角変換のコマンド"convert character width" に "flag" パラメータを追加した。
  • 文書の固定幅の値を参照・変更するプロパティ "fixed document width" をサポートした。
  • 行の折り返しを参照・設定するプロパティ "document width type" をサポートした。
  • スクリプトライブラリに「数字書式の統一」「漢数字変換」「文書幅を15文字に」を追加した。

Rev.1.15版 (2017.12.3)

仕様改良

  • 大きなファイルを開いたときの編集レスポンスを改善した。
  • スクリプト設定パネルをサポートした。スクリプトメニュー項目をcontrolキーを押しながら選択するとスクリプト設定パネルが開き、ショートカットキー、表示位置コントロール、コンテクストメニューサポートの有無を指定できる。

バグ修正

  • macOS 10.13(Hight Sierra)でファイル Open/Save ダイアログの表示が乱れてしまうバグを修正した。

Rev.1.14版 (2017.11.9)

仕様改良

  • Dock Menu に新規書類をサポートした。
  • 環境設定「一般>表示」で「文末の余白」を指定できるようにした。

バグ修正

  • JeditΩ 固有のファイル拡張属性が壊れていてもそのファイルを開けるようにした。
  • macOS10.13.1 で文末までスクロールできず途中で止まってしまうことがあるというシステムバグを回避した。

Rev.1.13版 (2017.11.2)

仕様改良

  • macOS 10.13以上でウインドウメニューに「ウインドウ巡回」をサポートした。
  • 環境設定「メニューショートカット」で、commandキー を含まなくてもショートカットを指定できるようにした。
  • 環境設定「メニューショートカット」でシンタックスカラーリングメニューのショートカットも指定できるようにした。

バグ修正

  • プレーンテキストで行間スペースを変更したときのバグを修正した。
  • 新規書類で指定の拡張子が付加されないバグを修正した。
  • 環境設定「書類タイプ>表示」で表示倍率が指定できないというバグを修正した。
  • URLジャンプ(cmd+click )が一部のURLで正しく動作しないバグを修正した。
  • 空のリッチテキストにコントロールキーを押しながらファイルをドロップしたときのバグを修正した。

Rev.1.12版 (2017.10.17)

仕様改良

  • 環境設定「書類タイプ」の「ウィンドウ/ページ」と「行の折り返し」の2項目を「書体」タブビューから「表示」タブビューへ移動した。
  • 全角から半角への変換で、wave dash U301c と full width tilde Uff5e が半角の tilde に変換されるようにした。半角の tilde を全角にしたときは wave dash U301c に変換されるようにした。
  • 全角から半角への変換で、minus sign U2212 と full width hyphen-minus Uff0d が半角の hyphen に変換されるようにした。半角の hyphen を全角にしたときは full width hyphen-minus Uff0d に変換する。

バグ修正

  • 半角・全角変換で一部の記号(tilde, quotation mark, apostrophe, hyphen-minus)が半角に変換されないバグを修正した。

Rev.1.11版 (2017.10.11)

バグ修正

  • Finder の「環境設定>詳細>すべてのファイル名の拡張子を表示」がオンのとき、新規書類の拡張子が正しく設定されないバグを修正した。
  • High Sierra のとき「読み順」にソートするとクラッシュするバグを修正した。
  • High Sierra のときブックマークのソートでクラッシュするバグを修正した。

Rev.1.10版 (2017.10.03)

仕様改良

  • ルーラーにキャレットゲージ位置を文字表示するようにした。
  • ページ表示のときもルーラー単位表示をクリックして単位を切り替えられるようにした。

バグ修正

  • 「メニュー「再読み込み」で書類のエンコーディングが切り替わらないというバグを修正した。
  • エンコーディングの互換性チェックが正しく動作しないバグを修正した。
  • 文字サイズが奇数のときにルーラーの文字目盛りが一致しないというバグを修正した。

Rev.1.09版 (2017.10.01)

バグ修正

  • 「次を検索」で正規表現「.*」が正常に動作しないバグを修正した。
  • 「選択部分をブックマーク」が動作しないバグを修正した。

Rev.1.08版 (2017.09.26)

仕様改良

  • 書類ウィンドウ下部に「書類情報ボタン」を実装した。
  • 編集ウィンドウ下部のリッチ/プレーン切替えボタンのツールチップにエンコーディングと改行タイプも表示するようにした。
  • 書類情報パネルで適用できないエンコーディングは指定できないようにした。

バグ修正

  • ツール「エンコーディングの非互換性チェック」で合成文字があったときのバグを修正した。
  • ツール「半角全角変換」でスペースの変換のバグを修正した。

Rev.1.07版 (2017.09.13)

仕様改良

  • 検索パネルをサイズ変更したときのレイアウトの挙動を改善した。

バグ修正

  • アタッチメントをペースト/ドロップしたときUndoができないときがあるとういうバグを除去した。
  • 新規ウィンドウの表示位置がカスケードされないバグを修正した。
  • スクロールしたときに行番号表示が乱れるという不具合を除去した。

Rev.1.06版 (2017.09.09)

仕様改良

  • 環境設定「保存」でオプション「保存パネルで拡張子を隠す」をサポートした。
  • Time Machine の書類とも書類比較できるようにした。
  • Time Machine の書類を含めるかどうかは比較パネルの設定ボタンで指定できるようにした。
  • 正規表現"^"や"&"を単独指定したときも検索や置換ができるようにした。
  • すべてを検索、すべてを置換、複数一括置換の動作をより高速にした。
  • メニュー「Jedit Ωヘルプ」のヘルプ画面表示の挙動を改善した。

バグ修正

  • ツール「隣接する重複行を削除」でクラッシュするバグを除去した。
  • 10.12(Sierra)のときウィンドウ位置/サイズが正しく復元されないときがあるというバグを修正した。
  • カナを半角全角変換したときのバグを修正した。

Rev.1.05版 (2017.08.31)

バグ修正

  • 複数一括置換が正常に動作しないバグを修正した。

Rev.1.04版 (2017.08.29)

仕様改良

  • SandBox を利用しないようにした(Sandbox のバグによりJedit Ωで保存したファイルを別のアプリで開こうとしたときに[開発元が未確認のため開けません]というアラートがでる場合があるため)。
    これに伴い、環境設定、スクリプトフォルダ、テンプレートフォルダの格納場所がかわり、これらの設定がRev.1.02または工場出荷時の状態にもどります。スクリプトフォルダ、テンプレートフォルダに自作ファイルがある場合は、それらを新スクリプトフォルダ、新テンプレートフォルダへ移動してください。
    前版1.03のスクリプトフォルダ:
    ~/Library/Containers/jp.co.artman21.JeditOmega/Data/Library/Application Support/JeditOmega/scripts/
    前版1.03のテンプレートフォルダ:
    ~/Library/Containers/jp.co.artman21.JeditOmega/Data/Library/Application Support/JeditOmega/templates/
    また、[開発元が未確認のため開けません]とアラートがでるファイルはスクリプトライブラリのスクリプト「検疫解除 ClearQuarantine.zip 」で正常なファイルにもどすことができます。
  • 保存を実行したときにUndoがクリアされないようにした。
  • 環境設定のiCloud同期のルーチンの見直しをおこなった。
  • 書類情報パネルの表示数値をカンマ付き数字で表示するようにした。

バグ修正

  • 複数一括置換で正しく置換が行われないバグを修正した。
  • ウィンドウ表示の書類を印刷したとき行番号が表示されないバグを修正した。
  • 保存ダイアログなどでウィンドウが紫色になるときがあるという不具合を解消した。

Rev.1.03版 (2017.08.13)

仕様改良

  • サンドボックスに対応した。これに伴い、環境設定、スクリプトフォルダ、テンプレートフォルダの格納場所がかわり、これらの設定が工場出荷時の状態にもどります。スクリプトフォルダ、テンプレートフォルダに自作ファイルがある場合は、それらを新スクリプトフォルダ、新テンプレートフォルダへ移動してください。
    旧スクリプトフォルダ:   ~/Library/Application Support/JeditOmega/scripts
    旧テンプレートフォルダ:  ~/Library/Application Support/JeditOmega/templates
  • すでに開いているファイルを再オープンしようとしたときの挙動を改善した。

バグ修正

  • 環境設定の iCloud 同期が動作しないバグを修正した。
  • 「半角全角変換」で半角への変換が正しく行われないバグを修正した。
  • 環境設定「書類タイプ>書式>行末禁則処理タイプ」が新規書類に反映されないバグを修正した。
  • 英語版のHistoryURLが間違っていたのを修正した。

Rev.1.02版 (2017.08.09)

仕様改良

  • 環境設定「一般>表示」でルーラーの文字目盛を、全角ベースにするか、半角ベースにするかを指定できるようにした。
  • メニュー「ヘルプ」に「フィードバックを送る」と「Jedit Ω 製品ページ」の2項目を追加した。
  • マニュアルを更新した。

バグ修正

  • 複数一括置換でクラッシュするバグを修正した。
  • 環境設定「書類>表示>不可視文字の表示」の設定がただしく反映されないというバグを修正した。
  • 環境設定「エンコーディング」「保存」でツールチップが日本語ローカライズされていなかったのを修正した。
  • 英語版のライセンス登録完了のメッセージに誤りがあったのを修正した。


Rev.1.01 (2017.08.01)

  • 最初の公開版


© Artman21 Inc. 2017